株式会社メトロール

「精密位置決めスイッチ」で不良品の発生をストップ

世界トップシェアを誇る、「精密位置決めスイッチ」

それを製造するのが株式会社メトロールです。

金属などの精密加工の際、コンピュータ-制御されたCNC工作機械によって、設計されたCAD図通りに製品が加工されます。そこで特に重要なのが、工具の始動原点位置を正確に把握することです。「精密位置決めスイッチ」は、この始動位置をミクロン単位で検知し、機械へフィードバック、各メーカーの品質向上や生産性の向上に貢献しています。 水やクーラント(冷却水)、切粉が飛ぶような過酷な条件下で、300万回使用しても生じる誤差は2000分の1ミリという極めて高い精度を発揮し、自動車業界、工作機業界のみならず、半導体製造装置、ロボット、印刷機械、エレベーターのディスクブレーキなど、各業界のトップメーカーに採用され、世界のモノづくりの現場を支えています。

工作機械業界において、刃先の摩耗を検知する「ツールセッタ」として、のべ世界17ヶ国、70社以上の工作機械メーカーに採用され、世界トップクラスのシェアを誇っています。

モノマネをしない製品開発

メトロール社は、「モノマネをしない製品開発」で、オリジナリティが高く、世界でも他に例を見ない、精度の高い工業用センサを次々に生み出しています。

精密機械式の接触式センサのみならず、非接触で、空気圧の変化で検出物の着座を確認するセンサや、ノイズに強い無線通信技術なども独自開発。産業機械の高精度化や不良品の発生防止に貢献しており、オンリーワンのモノづくり企業として、国や東京都からも高く評価されています。

・2014年 経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選」
・2015年 東京都「ベンチャー技術大賞 優秀賞」を受賞。

世界品質を支える女性たち

生産財の工業センサメーカーというと、“男の職場”というイメージがありますが、メトロール社は全従業員の約7割が女性です。

生産現場も大半を女性が占め、多品種少ロット生産を支えています。 一人一人が、自分の担当製品を受け持ち、最初から最後まで責任をもってつくり上げる、「一個流し」と言われる製造方法を採用し、約1万点の部品から1,000種の製品を、1つずつ丁寧に組み立てています。

同社では、「気づき」という独自の改善提案の制度を取り入れ、現場で働く、パート女性社員のナマの声を聞き、生産工程の削減や作業効率UP、製品の精度向上につなげています。2014年には、その先進的な取り組みが評価され、経済産業省から「ダイバーシティ経営企業100選」に選定されています。

また販売においては、1998年から電子決済が出来る多言語HPを立ち上げ、海外の展示会にも積極的に出展し、独自の技術・製品を広く世界にPR。今では世界64ヶ国に直販し、メイドインジャパンの高い信頼性の元、日本の工場から最短3日、国際宅急便で製品を直送しています。

会社情報

会社名 株式会社メトロール
住所 東京都立川市高松町1-100 立飛リアルエステート 25号棟 5階
連絡先 0425273278
ホームページ http://www.metrol.co.jp/
面接について ---